演奏表現のための理論【聴講生】対位法(4回券)
5f1ba9f9d7e1d8647417f2d0

演奏表現のための理論【聴講生】対位法(4回券)

¥8,000 税込

送料についてはこちら

演奏表現のための理論【聴講生】 対位法(全4回/各回90分) 講師:大塚直哉(チェンバロ、オルガン奏者・東京藝術大学教授) ・聴講料:8,000円(4回券) ※講義は、各配信日時より1週間、視聴することができます。 ・Zoom(オンライン会議サービス)を用いたリアルタイム形式の講座 ・聴講生:定員はありません。 ・聴講生は、Zoom(オンライン会議サービス)で、ビデオオフ・音声ミュートの状態で参加します。 ・聴講にあたっての学習前提条件はありません。 ・聴講方法の詳細につきましては、直接ご連絡いたします。 第8回:1月7日(木)19:30〜21:00 ~対位法とはどんな「わざ」なのか~ 対位法の歴史をざっと概観しながら、 対位法を話題にするときによく登場するいくつかのキーワードについて、理解を深めます。 第9回:1月14日(木)19:30〜21:00 ~名作の中の対位法①〜 ルネサンス期の作品の中から、対位法の「わざ」の実例を見てみましょう。 第10回:1月21日(木)19:30〜21:00 ~名作の中の対位法②〜 ヘンデル『メサイア』の合唱楽章を例に、18世紀の音楽家にとっての「古い(伝統的な)対位法」と「新しい対位法」について考えてみたいと思います。 第11回:1月28日(木)19:30〜21:00 ~名作の中の対位法③〜 「対位法」を理解して演奏が変わるためには、 どんなところに注目すればいいのでしょうか。バッハの『ロ短調ミサ曲』を例に考えてみたいと 思います。